三銃士

三銃士1話ネタバレあらすじと感想!

更新日:

三銃士1話ネタバレ

正祖4年(1780年)清国の都 北京

使節団として清の都を訪問したパク・ジウォンは紫禁城の壮大な書庫を見物中にパク・ダルヒャン回顧録を発見した。その書物の内容は、100年前に書かれたもので、粛宗の時代に活躍した人物で昭顕世子とも親交があったパク・ダルヒャンのことについて書かれていた書物だった。だが、パク・ダルヒャンという人物は実在していないとされている、物語なのかもしれないが彼は、この書物が作り話ではないと直感していた。兵馬節度使を務めた将軍に違いない、だが内容が衝撃的ゆえ後世に混乱を与えぬようパク・ダルヒャンという偽名を使ったに違いない。朝鮮の将軍の回顧録が紫禁城にある理由は不明だが後代の朝鮮人として感銘を受けた彼はこの奇想天外な物語を書き写すことにした。今から彼が伝える物語は本名は不明だが紛れもなく実在した人物、朝鮮と大陸を渡り歩いた剣士パク・ダルヒャンとその友が織りなす武勇伝である。

仁祖14年(1636年)

江原道高城に住むパク・ダルヒャン(ジョン・ヨンファ)は科挙を受けに都に旅立つときに父から書状を渡され都についたら戸曹判書様の屋敷に行ってこれを見せれば何かと世話をしてくださるだろうと言う。いつ死んでもおかしくない馬にのり父の便りにしろという遠い遠い親戚への書状とともに都に旅立ったが同い年の馬は3日後にばてた。馬の看病で10日が過ぎた。平昌では暴雨で20日の足止め、近道が塞がれ山を回って5日経過、出発から2ヶ月目やっと着いたのは試験前日だった。その夜に戸曹判書の屋敷に行くが留守だった。科挙を受けにきたので一晩だけでも泊めてほしいというが科挙を受けるもので今晩はいっぱいだと言われ泊めてもらえず都中の宿を探す、そんなときにスリにあうパク・ダルヒャン。貴重な母上からもらったお金がぶちまけられてしまいなくなってしまう。やっとの思いでみつけた宿は、いつもの10倍の値段の宿代だった。父から聞いた話はすべて嘘だと知った。そして、父は都には行ったことがないのだと思い知った。

その夜、同じ相部屋のものが襲われる。金持ちの両班が優秀な受験者を調べ自分の子が受かるよう半殺しにしている。昨夜も犠牲者がでたという。その襲ったものたちを追いかけるパク・ダルヒャン。そこで、昭顕世子(イ・ジヌク)たちに出会い、馬を貸してほしいというとアン・ミンソ(チョン・ヘンイ)の馬に乗り込む。受験者を襲う者たちだ捕まえねばというパク・ダルヒャンの言葉に動く昭顕世子たちは、一緒にその者たちを捕まえに行く。見事、四人の手によって捕まえることができる。昭顕世子がまもなく捕盗庁の者が来るという。黒幕は驪州の長官キム・オンスかと息子が二人このたび試験を受ける明日、連行される。しかし、なぜもこんな早く片付いた。もしや捕盗庁のお役人か?と聞くパク・ダルヒャン。まあ似たようなものだと答えるホ・スンポ(チョン・ヘンイ)。何も心配せずに科挙にいどめという昭顕世子。去ろうとする昭顕世子に自分はまだ名乗っていなかったというパク・ダルヒャンは自分の名前を言ってから三方は?と尋ねると私たちは三銃士だと言って去っていく。

アン・ミンソが乗っていた馬から書状をみつける。それはパク・ダルヒャンのものかと思うアン・ミンソ。

その書状を仲間のホ・スンポに見せて内容が問題だろと言う。一方、宿に帰ったパク・ダルヒャンは書状がないことに気づいてあわてる。父の書状とは別のもうひとつの書状がないことに気づいたのだ。探していると矢が飛んでくる。そこには書状を捜す者は麻浦のセリョン館に来い。三銃士よりと書かれていた。

その書状を昭顕世子に見せるホ・スンポ。それは、ユンソがパク・ダルヒャンにあてた恋文だった。これは、徹底的に調べないともうすぐ来るはず俺が呼んだというホ・スンポ。そこにあらわれるパク・ダルヒャン。書状はどこにと聞く。書状を見つけると勝手に読んだのかという。書状に謀反の疑いがあるという。どこに疑いがという。書状のユンソは、カン殿のご息女では?もしそうならばこれを持っているだけで罪になる。その後あったことは?ない。5年前に会ったときに別れるときにもらった書状だ。科挙の試験を受けるときに会おうと約束したというパク・ダルヒャン。ユンソには旦那がいる数年前に嫁いでいるという昭顕世子。ユンソは、世子嬪なのだ。知らなかったのかという。事実を知り落胆するパク・ダルヒャン。

本を読んでいるユンソ世子嬪の部屋に夜更けにあらわれる昭顕世子。江原道高城に住むパク・ダルヒャンを知っているかと尋ねる昭顕世子。世子様がなぜあのものをというユンソ世子嬪。5年間、修練を積んだパクが科挙を受けに来た。合格してユンソと夫婦になると言っていた。だが今になってユンソが世子嬪と知って落胆して科挙を受けないという。才能があるものなのに実にもったいないという。一生懸命言い訳をするユンソ。だが、証拠の書状がでてきて言い逃れができなくなる。私を疑っているのですかというとこの者の想いを伝えたかったからだという昭顕世子。

科挙を受けずに帰るのなら謀反とみなす。まだ世子嬪を思っているということにするぞ。科挙を受けて首席で合格しろこれが条件だ。さもないと世子様に報告するぞという昭顕世子。それまでわれらの監視は続く。そして証拠としてこの書状は預かっておくという昭顕世子。

ユンソを守る為に首席で科挙に合格しようと決めるパク・ダルヒャン。科挙では、次々に試験に合格する見事な腕前だった。最終審査で、王様と世子様が見物にくる。その姿をみて動揺するパク・ダルヒャン。それは、三銃士と名乗っていた三方の一人が世子様だったからだ。動揺した為、馬に乗って弓を射る試験で馬から落馬をしてしまい、その馬が試験会場で大暴れして王様をめがけて走っていったりなど会場は大変なことになっていた。目覚めたパク・ダルヒャンは、大笑いする昭顕世子様の姿を目にする。

三銃士1話の感想!

物語を見終えての感想ですが、5年も世子嬪を想い続け会える日をただただ楽しみに科挙を受けに来たパク・ダルヒャン。真実を知って、とても落胆したことでしょう。しかも、世子嬪といったらとても会うことも難しい手の届かない存在。そして、その想いが世子様が知ったら謀反になるといわれる。でも、そう言っているのが世子様本人だから少し笑えますよね。その正体を科挙の会場で知ったときにはこれまた驚いたことでしょう。はたして、会場がさんざんになってしまいましたが科挙には合格することができるのでしょうか・・・。

-三銃士
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 韓流now! , 2019 All Rights Reserved.