逆賊~民の英雄 ホンギルドン~

逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン40話ネタバレあらすじと感想!

更新日:

逆賊~民の英雄 ホンギルドン~40話ネタバレあらすじ

隠れ家の人々の助けもあり官軍を倒すギルドンたち。

怒る王様。

亡くなった男の墓の前で決して忘れませんと言うギルドン。

隠れ家で手当てを受ける仲間たち。

王様の言葉を思い返すギルドン。
余は人間を信じない、人間は骨の髄まで邪悪だと信じている。つまり人を治める術は暴力だけだと信じる為政者と言う王様。

ギリョンについこの間まで、国に仕える忠臣だったのに今や国を裏切った大逆罪人だと笑うギルドン。悪い弟を持ったばかりにと冗談を言うギリョン。ギルドンの目をふさぎ誰だと言うオリニ。手を握り不細工だなと昔みたいに話すギルドン。違うもんと言うオリニ。ギルドンとオリニの手を握りオリニ、座れと言うギリョン。二人の間に座るオリニ。父さん見てますか?三兄弟が集まりました。もう絶対に離れませんと言うギリョン。アモゲみんな揃ったぞと集まる仲間たち。
(幸せですね(*^ω^*)あとガリョンがいればよかったです^ ^)

心中お察しします、ですが心配いりません。こんな時こそ守貴単がお役にと王様に言うドファン。そなたに頼みがあると言う王様。はい、なんなりとと言うドファン。しばらく余の前に現れるなと言う王様。チュンウォン君が入ってくる。

外でチュンウォン君が出てくるのを待つドファン。なんのつもりだと聞くドファン。ソン殿に代わって守貴単を指揮せよと王様に言われたと話すチュンウォン君。チュンウォン君と怒鳴るドファン。声を荒げるとは私は王族ですぞと言い立ち去るチュンウォン君。

ソン殿は王様の信用を失った。このままでは我々も危ない、ソン殿と手を切り逆賊を捕らえましょうと守貴単の仲間に話すチュンウォン君。

王様に逆らう香州牧の儒生たちを捕まえる官軍たち。

話し合うギルドンたち。
香州牧の中に入り官軍たちを追い払おう、無事に追い払えても我々が出られなくなる、いくら怪力のギルドンでも数百人を相手には出来ないと話す仲間たち。でも行くべきだと言うヨンゲ。

隠れ家の女たちに香州牧に武器を運び入れたい女人の衣の中まで調べないはずと協力を頼むギルドン。

衣の中に武器を隠す女人たち。

オリニやオリニや、どれだけ危険かわかっているか?まだ子供なのにと心配するソブリ。聞かないオリニ。お前たちも何とか言ってくれと仲間に言うソブリ。嫌よ。おじさんたちの仇を懲らしめるのと言うオリニ。オリニは言うことを聞かないからと言うギリョン。とんでもない意地っ張りだと言うギルドン。誰に似たんだかと言うソブリ。父さんですよと言うギルドン。

検問を通るオリニたち。

主導者を明かさねば全員クビを斬ると言う官軍。不安そうに顔を見合わせる儒生たち。女に誰が主導したか聞く官軍。知りませんと答える女。斬られる女。私が主導しましたと言う儒生たち。助けに入る村人たちを斬る官軍たち。

ギルドンたちか現れる。我らは朝鮮の民の軍だと言うギルドン。

官軍たちと戦うギルドンたち。
残った官軍に王に伝えろ、ここには民を殺す官軍など必要ないとと言うギルドン。退散する官軍たち。多くの殺された民を見てうつむくギルドン。

遺体の前で泣く家族たち。

反乱軍が官軍を追い払ったと聞く王様。
入ってくるジョンハク。ホンを取り逃がしました。この場で私のクビ斬ってくださいと言うジョンハク。よかろう、無能な重臣たちの見せしめに殺そうと言い刀を振り上げる王様、我が母を支えた両親に免じて命は助けてやると刀を下ろす王様。

ジョンハクに必ずホンたちのクビを取るように言う奥様。

香州牧に向かうジョンハクたち。

香州牧で集会をする人々。逆心を抱いたか?我々はただ献上品や禁標に苦しみたくない、幼い娘を奪われたくないと願っただけだと話す男。息子が死んだ、何より悔やんでいるのは学問をさせたこと、民や国のために行動すべしと学んだ息子は民が虐げられている姿を見ていられなかったと話す女。俺も一言と立ち上がり、俺たちは戦いたい訳じゃない、生きるために戦う道を選んだと言うセゴル。

大勢の官軍が押しかけてくる。

話をしようと言う官軍。

馬に乗り出てくるギルドンとギリョン。

我が家の奴婢が揃ったなと言うジョンハク。スハクお坊ちゃま、相変わらず怖がりですね、奴婢のためにここまでやるかと言うギルドン。やっと王様に重役を任ぜられたか?ずっと私の陰に隠れていたが出番が来たかというギリョン。刀を抜くジョンハク。刀を抜くギルドンたち。弓を構えるソブリたち。弓を構える官軍たち。刀をモリに向けお前、仕える相手をもっと選べよと言うギルドン。今は血を見たくないここで争ったら4人とも串刺しだと香州牧の中に戻るギルドン。香州牧の4つの門を全て塞ぎ封鎖するよう命じるジョンハク。

運平たちと遊ぶ王様。

ギルドンが将来どんな女人の男になるのか、お前とは、不思議だな、どこであった?と言うノクス。ギルドンは去るとき戻ると言いました、だから待ちました、ギルドンが戻ったのはノクスのためですと言うガリョン。

私に言った約束よ、私でさえ信じなかったのにお前は信じたのと呟くノクス。

皆で物を分け合う香州牧の人々。

綺麗でしょと花の前でガリョンに話すノクス。でも一時よ花も恋もと言うノクス。だからギルドンを殺した王様の側にいるの?あの日々はその程度のもの?ギルドンはずっとノクスのことを忘れられなかった、だからあなたが憎いと思うガリョン。えぇ儚いものです、ノクスに最近王様に呼ばれないとかと言うガリョン。花を握り潰し心の中では笑っているのね、王様を選んだ私は浅ましく、愛を貫いた自分は立派だとと言うノクス。否定はしませんと言うガリョン。命が危うくなっても同じことが言えるかしらと言うノクス。夫を亡くして以来死など怖くありませんと言うガリョン。
(そんなこと言ってしまったらノクスが敵になってしまいます(><)ガリョンはギルドンが死んだと思っているから仕方ないですね( ; ; ))

王様に会いに行くノクス。
ギルドンとは知った仲でした、しかし私は王様を選びました、捕らえる手助けをすれば信じてくれますかと言うノクス。
(ついにノクスが敵になってしまいました(><)しかしなぜかまだ少し信じています。)

ガリョンを捕まえにくるジャウォン。

-逆賊~民の英雄 ホンギルドン~
-, , , , ,

Copyright© 韓流now! , 2019 All Rights Reserved.