韓流ドラマのおすすめを紹介しています!

韓流.tv

サンドゥ、学校へ行こう!

サンドゥ、学校へ行こう!13話ネタバレあらすじと感想!

更新日:

サンドゥ、学校へ行こう!の動画フルを無料視聴!【日本語字幕】

サンドゥ、学校へ行こう!は2013年11月に韓国にて放映されたTVドラマ 登場人物 ・チャ・サンドゥ:ピ(rain) ・ ...

サンドゥ、学校へ行こう!13話ネタバレあらすじ

異母姉妹のセラがボリの母親だと知ったウンファン。
動揺し、気持ちのやり場に困ります。
そしてセラはウンファン母にボリの父親がサンドゥだと紹介します。
ボリのこともセラのことも全て知ったウンファン、全て知られてしまったサンドゥ。二人は精一杯の笑顔でその場を取り繕います。
そして今までできなかったデートへと出かけることにしました。
市場で買い物をして、サンドゥの家でウンファン手作りの海鮮鍋を作ってもらい、
ペアルックをしてゲームセンターでプリクラを取ります。
その後町の占い師に二人の相性を見てもらうと“100年に一度とない相性の良さだ!”と言われ喜ぶ二人。夜になると二人で手をつなぎ花火をします。
まだ帰りたくないウンファンともう帰ろうとさとすサンドゥ。
この時二人は気付いていたのです、これから待ち受けているであろう二人の試練を。これ以上そばにはいられないかもしれないという事を。
二人は想いあっているけれど、サンドゥの娘ボリの母はウンファンの姉なのです。
二人はどうしても結ばれることができないのです。
辛く悲しい現実。受け止めきれないウンファン。
10年振りに再会し、やっと想いあえたのに運命は非常にもまたふ二人を引き裂くのです。
母の事も大切なウンファンは自分の気持ちにまた蓋をすればすべてが丸く収まると我慢をすることを決めるのです。
しかし母もウンファンのサンドゥへの気持ちを痛いほど知っています。
だからこそ自分の運命を呪い悔やみます。

そんなある日ミンソク先生のもとへ一枚の検査結果が届きます。
それを見て驚くミンソク先生。セラを呼びだして問いただします。
ボリとサンドゥの血液検査の結果、二人は血が繋がっていないという事を。
そうです。全てはセラの仕業です。ボリはサンドゥの子供ではなかったのです。
セラはボリが産まれてから7年間もサンドゥを騙して続けてきたのです。
自分のエゴだけでサンドゥの人生もボリの人生も狂わしてきたのです。
それでもまだ、自分を守ろうとするセラ。ミンソク先生は怒り呆れてしまいます。

次の日、たまたま用事でソウルへ来ていたスクジャはウンファンに会いに学校へと訪れます。そこでまたしてもスクジャから衝撃の真実を告げられます。
サンドゥがウンファンの父親の形見を取り返す為に少年院に入れられたこと
そのせいで高校も退学になり、養父母にも捨てられたこと。
サンドゥの人生が変わってしまったのは全てウンファンのせいだということ。
サンドゥから口止めされていたスクジャは洗いざらい全てウンファンに伝えます。
衝撃の事実を突き詰めれたウンファンは急いでサンドゥの自宅をを訪れ、サンドゥの自宅においてあった父の形見を胸に抱き泣き崩れるのでした。

サンドゥ、学校へ行こう!13話の感想!

なんとツライのでしょうか。
やっと会えた二人なのになんでこうも引き裂かれてしまうのでしょう。
もうツライ。ツラすぎます。
血こそ繋がっていないけれどセラは一応姉なので、サンドゥは義理の兄ということになります。
ボリさえいなければ血が繋がっていないのだから何も気にせず付き合えばいいのですが、子供に罪はありません。ボリにとってサンドゥは父親なのです。
どうしようできない状況をわかっている二人。ボリの為に気持ちに蓋をして忘れる努力をします。しかしそんな簡単にいかないですよね。10年間想ってきた相手をすぐになんて忘れれるはずがない。なんてツライ運命なのでしょうか。
他に何か解決策はないのか?と何度も考えてしまいますよね。
そんな時にまさかの意地悪姉さんセラの飛んでもない悪事が明るみとなりました。
ボリは実はサンドゥの娘ではなかった!7年間もよく騙せたなと逆にその意地汚い根性にあっぱれです。セラがついた嘘によってサンドゥの人生は狂わされているのです。いくらなんでも酷すぎる!!!
そしてウンファンはスクジャからサンドゥの生い立ちそして過去の真実を聞かされましたね。もう怒涛の展開で見ているこちらも凄くパワーが必要です。
さて全てを知ったウンファンの運命やいかに!

サンドゥ、学校へ行こう!の動画フルを無料視聴!【日本語字幕】

サンドゥ、学校へ行こう!は2013年11月に韓国にて放映されたTVドラマ 登場人物 ・チャ・サンドゥ:ピ(rain) ・ ...

-サンドゥ、学校へ行こう!
-, , , , ,

Copyright© 韓流.tv , 2018 All Rights Reserved.