韓流ドラマのおすすめを紹介しています!

韓流now!

キルミー・ヒールミー

キルミー・ヒールミー7話ネタバレあらすじと感想!

更新日:

キルミー・ヒールミー7話ネタバレあらすじ

“リジン”は、自殺志願者の“ヨソプ”に「1時間以内に僕を見つけたら死なない。」と言われ、“ドヒョン”の秘書に電話を掛けるが出ない。 秘書は、会長に呼び出されていたのだった。

会長は、秘書に「今まで何回も帰国を迫ったのに帰国しなかったのに、なぜいきなり帰国したのか?そして、3ヵ月後に出国するというのはどういうことなのか?向こうに女がいるのか?」と秘書を問い詰めている。 秘書は困っているが、会長におされ……。

リジンは必死になって“ヨソプ”を探す。秘書がダメだったので上司に電話をかける。 “ヨソプ”のことを聞き行きそうな場所がひらめきダメもとで向かう。 誰にも見られない改装中のビルの上に“ヨソプ”は居た。もうすぐ飛び降りそうなところで、“リジン”が止めに入る。でも、“ヨソプ”は「2分遅れたから」と言って飛び降りようとする。“リジン”は必死になって“ヨソプ”の体をつかみ引き返そうとするが、はねのけられて機材でケガをしてしまう。けれど、それでも必死に“ヨソプ”をつかみ、「チャ・ドヒョン!!出てこい!!」と叫ぶ。必死に“ドヒョン”と呼び戻そうとする“リジン”の声が“ドヒョンに聞こえて、“ドヒョン”が自分での体に返ってくる。泣き叫ぶ“リジン”を“ドヒョン”がそっと抱き寄せる。

“ドヒョン”は読んで主治医のところでその話をする。主治医(“リジン”の上司)は、「ケガは2度目だ。彼女を巻き込むのはやめてほしい」と訴える。でも、“ドヒョン”は「初めて呼ぶ声がして自分の体に戻ってきた。これから先も意識と体を奪われたときは誰かに呼んでほしい」と泣く。それを見て教授も悲しい気持ちになる。

教授との話が終わった“ドヒョン”は“リジン”と会う。 “ドヒョン”は“リジン”に金持ちになったらみんな去っていった。 “リジン”さんもお金でつなぎとめようとしていた。だから、主治医の話はナシにします。 僕は怪物だからもう巻き込まない」と言って去っていく。“リジン”はその場で考え込む。

“ドヒョン”が会社へ行く支度をしていると、お母さんから電話がはいる。 「ストレスとかない? 悩みがあったら聞くからね」と言って心配する。“ドヒョン”は心配ないと答える。そこへ、お母さんの部屋に来客が来たからと言って電話を切る。 来たのは探偵みたいな人で会長の息子と本妻の子どものことを探すようお母さんが手配した人だった。

“リオン”は出版社の編集長の部屋を訪ねる。そして、財閥がテーマの長編小説の企画を話す。「21年前、ある子どもが養子になる。記憶はなく養父母の子と双子として育てられる。大人になったその子は財閥一家を調べる。そして、財閥の子に近づく…」というストーリーだと話を進める。 編集長の部屋を出た“リオン”は“ドヒョン”の秘書とすれ違う。

会社に戻った秘書は、映画の企画で著者と連絡を取りたいとお願いしに出版社に行った報告を“ドヒョン”としている。その著者は覆面小説家の“リオン”だった。

“チェヨン”は“ギジュン”の両親との食事会に来ていた。 先に着いた“チェヨン”は、ギジュンに電話をかけるが、「行けなくなった。」と言われて怒る。遅れて部屋に入ろうとすると、“ギジュン”の両親が持ち株だとか“ドヒョン”の見合いの話など話しているのを盗み聞きしてしまう。

その頃、“ドヒョン”は他の財閥のお見合いをしていた。見合い相手と話をしていると“チェヨン”がいきなり入ってくる。 見合い相手に嫌味を言って去っていく。

“ギジュン”は、“リジン”の病院に行って“ドヒョン”の主治医に会いに行っていた。教授のところに行く途中“リジン”とぶつかる。“ギジュン”は、映画の監修をお願いしにきた口実で“ドヒョン”がアメリカで先生のお世話になっていたこと、どんな問題があるのか聞き出そうとしに来たのだった。

“リジン”を見送りに家族みんなで空港にやってきた。 空港で家族写真をとったりしている。 “リオン”は餞別に靴をプレゼントする。喜んだ“リジン”は“リオン”に抱き着く。

“ドヒョン”は家の窓から空を見上げている。 秘書が、「午前便で発ったそうです。」と報告をする。 “ドヒョン”は「主治医は男性でお願いします。女性は面倒だから」と伝える。 そして、会社に行こうとすると、誰かが家の鍵を解除する音が聞こえた。 そして、中に入ってきたのは……“リオン”だった。びっくりする“ドヒョン”。“リジン”は、「主治医になって、『1、別人格を消すというお願いはきかない。セギの暴走を止めます。 2、ドヒョンさんとセギの仲介役を務める。 3、全ての人格と平和に暮らせるよう交渉してみる』という業務内容でお願いします。」とドヒョンに握手を求める。 “ドヒョン”は驚きを隠せないまま突っ立っている。 握手をされないので、出口のほうへ向かおうとすると、“ドヒョン”が腕をつかみ引きとめる。「引き返せないですよ」といって手を出す。 “リジン”は握手をする。 二人はニッコリ? “リジン”は手に力をこめる。“ドヒョン”は痛がる。「離して」と痛がるドヒョン”にもっと力を込める。秘書は困っている……

キルミー・ヒールミー7話の感想!

“リジン”は出発の準備をして上司と話をしている。 部屋を出た“リジン”は“ギジュン”とぶつかる。“ギジュン”は映画の監修をお願いしにきていた。 “ドヒョン”がお世話になったことと“ドヒョン”の問題が何なのか聞き出そうとする。

-キルミー・ヒールミー
-, , , , , , ,

Copyright© 韓流now! , 2019 All Rights Reserved.