韓流ドラマのおすすめを紹介しています!

韓流now!

七日の王妃

七日の王妃21話ネタバレあらすじと感想!

更新日:

七日の王妃21話ネタバレ

大妃様が怪しい動きを王子様たちの床入りを禁じていたのに初夜の吉日を調べて自ら屋敷へ知らせに行きましたと王様に報告するチャンノスク。そのような報告は聞きたくないというとおそらく密旨とチェギョンは関係があるかもと言うチャンノスク。

ミョンヘは、眠り薬を食事にまぜ、チェギョンが床入りする部屋に食事を置く。兵士が、監視の女官を気絶させ、部屋の中で待機する。

見張られる者が多すぎるからと言って新婚らしくふるまわないとなと言ってチェギョンを抱きかかえ床入りに用意された部屋でなく別の部屋にチェギョンを連れていく。実家にいたほうがよいのになぜ戻ってきた早く寝なさいというと床入りはしないのですかというチェギョン。密旨をお探しでしょう。知らぬふりをしてるのですかと言って自分から服を脱ぐチェギョン。確認をとこれが目的ですかと言って背中をみせると入れ墨の上に焼きがおされたあとがあり文字はみえなくなっていた。チェギョンは、晋城大君の気持ちを変えられると思っていたけど自分の体に刻まれた密旨が目的で近づいたのか自分を思ってくれてるのかもう自分でもわからなくて晋城大君を信じることができなくなっているという。そこまでチェギョンをおいつめてしまった自分に反省し、田舎で二人で暮らそうというがその言葉さえもチェギョンは信じることができなくなっていた。

謹慎中の副総官パクウォンジョンは、晋城大君派をつくろうとしていた。

タニシの正体を探るためにタニシの仲間にまざるシンスグン左護政はアジトに一緒に行く。そこで晋城大君を見つける。そして、覆面を取ろうとする仲間たちに覆面を取るなというシンスグン左議政。覆面をとって正体をあらわす。王子様。外を確かめろというと私一人だという。なぜわかったかわかりますか。情報がたくさん集まればタニシの動線がわかった。すぐにタニシを解散するべきです。守るべきもの安らぎを求めるものは別にあるのでは、王座をあきらめてタニシを解散してください。もうすぐタニシの一掃がはじまります。それができないなら娘と離縁してくださいという。娘が逆賊の妻になるのは私が許しません。左議政に刀を向ける仲間たちに刀をひけこの方は、私の妻の父だ私には義理父になるという。

シンスグンが家に帰ると王宮からの使いがきていた。

晋城大君は、シンスグンに言われたことを考えていた。なぜ誰も私が王になる理由を聞かなかった。民を思ういい王だからだ。でも最も大事な人が守れない、獄舎のような家で母上にまで見張りをつけられた。

家に帰るとチェギョンは連れ去られていた。見張りの内官を問い詰めると都承旨様が王命で動いてると仰せでしたと自白する。

王様に呼ばれた左議政に余をだましたなという燕山君。晋城大君のことは献上品を持ってくる前から生きていることを知っていたのかと問われる。

申しわけありません。確かでなかったため申しあげれませんでしたと答えるシンスグン。他には今あやつは何をしている。チェギョンの体にもしや入れ墨が?父上の密旨が女人の体に刻まれているとかチェギョンの体には刻まれているのかと問うと違いますと答えるシンスグン。そなたを信じられぬという燕山君。都承旨はチェギョンを連れてきましたので確認しますかという。そして、連れてこられるチェギョン。チャンノスクに服を脱がされようとすると自分で見せますと抵抗する。そして服を脱ごうとしたときに晋城大君があらわれる。何をするのですかと言ってチェギョンを守る。そなたこそ何だというと兄上にお別れの贈り物をお持ちしました。妻がお願いしたはずです都を離れて暮らしたいとと言うとなぜそんな寂しことを申す王にならねば。兄上とは違います。私は愛する人を傷つけてまで王になりたくない。貴様と刀を振ろうとした瞬間に密旨をだす晋城大君。直ちに晋城大君を捕らえるのだという都承旨。動くな。これは先王様の密旨だ。そなたがそれを見つけたのか。それを読み上げる晋城大君。

晋城大君が成人したらイ・ユンは晋城大君に譲位したのち上王として弟を補佐せよと書かれてあった。結局、父上は皆殺しにしてやるというとシンスグンがかばい、なりません王様という。誠にお前が密旨を余でなく晋城大君に渡したのかとチェギョンに問う。ヨクを王にしたいのか。そうではありません。密旨があろうと私にとっての主君は王様ですというシンスグン。それでも刀を振りかざそうとすると都承旨がどちらが王にふさわしいか見極めてと言ってとめようとする。すると晋城大君はその必要はないという。今日は私のものを取りに来た。申し上げたはずチェギョンと都を離れます。何だと?王位は天が授けるものです。兄上が予想していたとおり密旨はチェギョンのもとにそれは天が兄上に与えた最後の機会なのです。まだ兄上に期待している証し民が顔も知らぬタニシを待たないで済むよう王宮にいる王にいまからでも善政を施せという天のご意思、チェギョンの思いでもあります。よって兄上にもう一度機会をあたえます。先王様のご意思をつぎ王位につきます。そしてこの場で兄上に譲位する。記したか。はい王様。これが私の答えですと言ってチェギョンを連れて帰ろうとすると晋城大君に刀を向け余が許さぬと言ったらお切りください。望むものは手に入らない。私は怨霊となりチェギョンのそばを離れませんという晋城大君。そして再びチェギョンを連れてでていく。

七日の王妃21話の感想!

物語を見終えての感想ですが、さすが晋城大君、最後の最期はチェギョンを選んでくれました。最後のシーンは本当、感動しました。

王座ではなく、ただ一人の愛する人を選んだ晋城大君、王座を選ばなくて本当よかった。でも、まだ続きますよね。

この先はどうなるのでしょうか。本当に田舎で二人で過ごすのでしょうか・・。

-七日の王妃
-, , , ,

Copyright© 韓流now! , 2019 All Rights Reserved.