屋根部屋のプリンス

屋根部屋のプリンス13話ネタバレあらすじと感想!

更新日:

屋根部屋のプリンス13話ネタバレあらすじ

イ・ガクは「私はお前が好きだ」と言って、パク・ハにキスをする。
その時、パク・ハやイ・ガク達5人で撮った写真から4人が一瞬消えた。
臣下達にも異変が・・・
マグカップを掴もうとする手が、まるで透明人間のようにカップをすり抜けた。
朝鮮時代に戻れる日が、どうやら近づいてきているようだ・・・

テムの元にシカゴから、テヨンが見つかったと連絡が入った。
病院のベッドの上にいる写真の男はテヨンに見える。
テムは確認するために、すぐにシカゴへ向かうことに。

気持ちを確かめ合ったイ・ガクとパク・ハのはずなのに、パク・ハは「私たちここで終わりよ、今ならまだ戻れる」と言い、荷物をまとめて屋根部屋を出て行こうとする。
そんなパク・ハに「どういうことだ」と驚き、イ・ガクは止めようとするが、婚約するのに自分がいつまでもここにいるのはおかしいと言ってきかないパク・ハ。
そんなパク・ハに腹を立てたイ・ガクは「遠くへい行くがいい、アメリカ行きを止めたことを後悔している」と言い、パク・ハも売り言葉に買い言葉で、二人はまたすれ違ってしまう。

イ・ガクはマンションを契約する。
そしてパク・ハに大事な話があるから後で会おうと連絡し約束をする。
パク・ハはパク・ハで新しい仕事を見つけ、地方に住むことに・・・

テムはセナにアメリカ行きの航空券を渡し、「もうすぐ株主総会があるから早くパク・ハをアメリカに送り出せ」という。

セナは婚約指輪を見に行くから時間を作ってくれとイ・ガクを誘うが、イ・ガクはなんでもいい、セナに任せると言ってしまう。
婚約指輪をなんでもいいと言われたセナは不満を募らせる。

マンションの契約書の入った封筒を臣下のひとりにパク・ハに渡すよう命じるイ・ガク。
言われた通りパク・ハの元へ行こうとする臣下はセナとバッタリ会ってしまう。
パク・ハへのお使いを知ったセナは珈琲でも飲まないかと臣下を誘い、コッソリ封筒の中身を、マンションの契約書からアメリカ行きの飛行機のチケットへと入れ替える。
契約書には「ここで会おう」とイ・ガクからパク・ハへのメモが貼ってあったが当然そのメモを見ることのないパク・ハ。
アメリカ行きの航空券が入った封筒を渡され、愕然とするパク・ハ。
イ・ガクはひとりマンションでパク・ハが来るのを嬉しそうに待ち続けるが、いつまで待ってもパク・ハが現れることはない。

テヨンを確かめにシカゴへ飛んだテム。
病室の扉を開けると、うつろな目をしているが間違いなくテヨンがいた。

突然屋根部屋から姿を消したパク・ハ。
ある日、ミミがパク・ハへ出す荷物の住所を臣下のひとりが偶然見てしまう。
すぐにでもイ・ガクに知らせたいが、誰にも話すなと言われた臣下は、仕事の新しい企画の国内旅行をパク・ハのいるチナンを選択し、イ・ガクにチナンの下見をお願いする。

下見に来たイ・ガクのガイドをするのはチナンでガイドの仕事に就いていたパク・ハだった。
お互い知らずに再会し、気まずい雰囲気のままだったが、夜になって別れ際パク・ハが「渡すものがあるから来なさい」と言って下宿先にイ・ガクを連れて帰った。
パク・ハは以前臣下から渡された航空券の入った封筒をイ・ガクに返した。
航空券など渡した覚えのないイ・ガクにシラをきるのかとパク・ハは詰め寄るが、「見たこともないものだ、ついてきた私が愚かだった」と帰ろうとする。
しかしパク・ハは「素直に認めなさい、そうしたら許すから」と酒を飲んだ勢いもあって絡み続ける。
しかしイ・ガクは、本当に知らない、自分がパク・ハにアメリカに行けと言うはずがないと不思議がる。
間違いなくパク・ハにこの封筒を渡せと臣下に命じたが、航空券ではない、中身が入れ替わっていると言って、臣下に確かめる為に封筒を持ち帰る。

早速臣下に当時のことを覚えているかと話をすると、「もちろん覚えています」と・・・
中身が入れ替わっていたと説明をすると、自分は開封せずにパク・ハに渡したのに・・・と臣下も不思議がる。
そして、何か思い出すことと言えば、セナに会ったと・・・

セナを呼び出し封筒を見せるイ・ガク。
「よくある封筒でしょう」と言いながら、何か思い出した振りをするセナ。
そして、自分も同じ封筒を持っていて入れ替わってたんだと・・・
自分も困っていたと・・・
イ・ガクは、そうだったのか・・なら仕方ないといった様子で納得する。

イ・ガクとパク・ハは再び会うようになる。
パク・ハに姉がいることが義母との電話の内容でイ・ガクにバレてしまうが、それがセナだとはまだ明かせない。
封筒の中身の件について、セナの持っていた封筒と入れ替わっていたとイ・ガクから聞いたパク・ハは完全にわざとだと悟る。
そして「亡くなった妃とセナは本当に同一人物?見た目じゃなくて、内面、心のこと・・・」と、イ・ガクに問う。

パク・ハの下宿先の子供の運動会に参加するイ・ガクとパク・ハ。
一等賞は手の甲にスタンプを押してもらい、商品がもらえる。
下宿先の子供は一等賞になれなかったが、保護者が参加する二人三脚でイ・ガクとパク・ハが一等賞になり、手の甲にスタンプを押してもらう。
そこへ下宿先の子供が駆け寄ってきて、イ・ガクの手の甲に自分の手の甲を押し付け、写った一等賞のスタンプに喜ぶ。
その時、イ・ガクが何かを思いつく。

イ・ガクは再びセナを呼び出す。
また封筒を見せられたセナは、昨日の封筒がどうしたといった様子。
イ・ガクは「この封筒に何をした」と改めてセナに問う。
何もしてないと言うセナに「頼むから正直に話して欲しい」と言うが、何のことか分からないと言うセナに口紅を借りる。
イ・ガクは、セナから借りた口紅で自分の手の甲に線を引き、反対の手の甲に当て、口紅で引いた線を写す。
何が言いたいのかと問うセナに、「封筒が入れ替わったと言ったが、君の言う通りならこの封筒は君の封筒だ。私のはインクが乾いていない契約書の入っていた封筒だ」そう言って、カッターを取り出し、目の前にある封筒を切り開いて見せた。
そこには契約書に押されたイ・ガクの印が写っていた。
そして「最初から封筒はひとつで中身を入れ替えた、なぜなんだ、なぜ嘘をついたんだ」と・・・

屋根部屋のプリンス13話の感想

再会してあっという間に寄りが戻った様子のイ・ガクとパク・ハでしたね。
妃とセナは本当に同一人物かとパク・ハは不思議がってたけど、妃も嘘つきで嫌な女でしたよね、それを早くイ・ガクに気付いて欲しいような、思い出は美しいままで良いのではないと思うような・・・
最後に、証拠を突き付けられたセナは今度はどんな言い訳をするのでしょうか・・・

-屋根部屋のプリンス
-, , , , , ,

Copyright© 韓流now! , 2019 All Rights Reserved.