逆賊~民の英雄 ホンギルドン~

逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン43話ネタバレあらすじと感想!

更新日:

逆賊~民の英雄 ホンギルドン~43話ネタバレあらすじ

官軍たちを追い返すギルドンたち。

オリニがギリョンを出迎える。オリニに王宮の友達を連れてきたぞとオンナンを連れてくるギリョン。オンナンを抱きしめるオリニ。

手当を受ける香州牧の人々。
手当を手伝うオンナンたち。俺の胸が矢で射ぬかれたようだと一目惚れするヨンゲ。じゃれ合う仲間たち。

香州牧で官軍に勝ったらしいと噂が広がる。
噂を耳にするドンファ。

香州牧で起きたことは今まで見たことも聞いたこともないと話す重臣たち。

悪夢をみる王様。ジャウォンを呼び奇妙な夢を見た、民に追われていた、余が衣を脱ぎ捨て逃げる夢だ、生々しくて夢ではない気がしたと話す王様。王様どうか、どうかと言うジャウォン。ノクスが現れ、王様それは夢です、悪い夢を見ましたねと言い隣に座り、お休みくださいと言うノクス。ノクスの膝の上で眠る王様。

王様がいないことに気づくノクス。外に出ると顔色の悪い王様がノクスよあれは夢ではなかったあれは夢ではなかったのだ、決して夢ではない!と言う王様。

討伐隊長のチョ・ジョンハクは死んで敗戦の責任を取るべきである、だが母親の立てた功績に免じて母とともに内需司の奴婢とすると言い渡されるジョンハクと奥様。奴婢だなんて耐えられませんと言う奥様。母上と泣くジョンハク。

再び兵を香州牧に送れ、皆殺しにするのだ、村をまるごと葬ってしまえと言う王様。

王様は本気で香州牧を討つおつもりか?香州牧のことが国中に知れたらどうする、民が大勢死傷したので士気が下がっているはず、ですがホン・ギルドンがいます。奴がいる限り民の士気が下がることはないでしょうと話し合う重臣たち。

ガリョンの横で目を覚ますギルドン。ガリョンの手を握りなぜ目覚めない?戻ってこいと言い涙を流すギルドン。ガリョンの反対の手が少し動く。

止血に使う薬草を摘むオリニたち。
オンナンに遠くに行かないでねと言うオリニ。

薬草を摘んでいると小さな小屋を見つけるオンナン。小屋を覗くと血だらけのモリを見つける。

オンナンがいないことに気づき名前を呼ぶオリニ。山から降りて来たオンナンに何かあったのと聞くオリニ。いいえ、行こうと言うオンナン。
(オンナンは敵ではないですよね(>人<;)優しいだけなはずです(>__<))

出兵できますと聞き国の威厳を示そう、奴らを痛めつけるのだ、全て焼き払ってしまえと言う王様。

王が官軍を送るよう命じたらしいと話す香州牧の人々。王が香州牧を逆賊の村ではないと否定しない限り安心できないと言うギリョン。どうすれば逆賊の村という烙印を消すにはと言う香州牧の女。王の心を変える必要はない、王を変えればいい、王の首をすげ替えましょうと言うギルドン。驚く人々。もう旦那様は私だけのものじゃないと思うガリョン。

落ち着きなく酒を飲みながら部屋を歩き廻る王様、聞こえる、うるさいぞと耳を塞ぐ王様。部屋に入ってくるジャウォンとドファン。驚くドファン。刀を持ち外で静かにしないかと言いながら振り回す王様。王様の前にひざまずき王様は偉大です。上を軽んじる者たちに制裁を加えました、これも王様の功績何も恐れる必要も案ずる必要もありませんと言うドファン。そうだ余は不届き者を嫌い奴らの下を抜き、手足を切った恐れを植え付けたんだと言う王様。王様の功績ですと言うドファン。しかしまだ余を見下す者がいる、恐れを知らない、なぜ恐れを知らないのだ!と刀を振り回す王様。驚くドファン。

手下に見ていただろう、私は愚かな王を一人前の為政者にする為に生涯を捧げた、なのに卑しい者たちが王を壊してしまった。とんでもない話だ、こんなことがあってよいのか?香州牧の件を片付けたい誰に任せればいいと言うドファン。

ピョンソン君と男に話しかけるドファン。

王の殺害は前例もある、民を我が元に集え、と書いてある紙が出回っていると話し合うギルドンたち。すでに事を起こす準備をしている地域もある。王は香州牧の件を隠そうとしたが失敗したようだ。香州牧の噂が広がっている他の村の者たちに無視されると思ったが取り越し苦労だったな。と喜ぶ仲間たち。これで我々の手を汚さずに王を引きずり下ろせますと言うギルドン。おそらく王は側近をここに送り込み話し合いをしようとするはずだと言うギリョン。

ピョンソン君が会いたいとギルドンたちに矢文が届く。
(ドファンがあった人ですよね( ̄▽ ̄;)怖い。)

長官時代に正しい事をして左遷された人です、話が通じるかもしれないと言うギリョン。
(いい人ですか(・・?))

ピョンソン君に力を合わせて王様を守りましょうと言うドファン。

ピョンソン君のところに話に来るギルドンたち。上から様子を見るドファン。官軍に勝ったのは立派だがこの先勝ち続けられるとは限らない、そこで提案がある、勝利の功労者を差し出せそなたらは船で朝鮮を出るのだと言うピョンソン君。断るギルドン。また戦うのか?全滅するぞと言うピョンソン君。その前にそっちが全滅するのでは?国の醜態は天下の知るところ王の逃亡も官軍の退去も知れ渡っていますと言うギルドン。香州牧が立ち上がれば国中の民がそれに続くだろうと民は言っていますと言うイルチョン。国が疲弊しているのは1人の暴君のせいですか?暴君の周囲に責任はないのですか?と言うギリョン。では生き延びる道を教えましょう、あなたたちの手で王を変えるのですと言うギルドン。こやつ!と言うピョンソン君。ゆっくり考えてくださいと言うギルドン。

王に無理やり失脚させられた者たちが動き始めた。やつらが真っ先に狙うのは生き延びた我々です、王様に報告しましょうと話す重臣たち。

王様を探す重臣たち。

踊りを踊っている王様。重臣たちにも踊れと言う王様。

ドファンの元を訪れるピョンソン君。
王を引きずり下ろせば二つに一つ、しくじって一族が滅びるか、成功して英雄と称えられるか。王の首をすげ替えられるならやる価値はある、だがこれはギルドンにかかっている。民心を得られれば王の廃位は成功する、やつに王権交代に手を貸すと確約させるのですと言うドファン。

-逆賊~民の英雄 ホンギルドン~
-, , , , ,

Copyright© 韓流now! , 2019 All Rights Reserved.