韓流ドラマのおすすめを紹介しています!

韓流.tv

青い海の伝説

青い海の伝説6話ネタバレあらすじと感想!

更新日:

「青い海の伝説」動画フルを無料視聴!【日本語字幕】

この物語は、人魚と人間のラブストーリーですが普通のラブストーリーとは違って、実は大昔の朝鮮時代に二人は出会っていて生まれ ...

青い海の伝説6話ネタバレあらすじ

昔の時代からはじまる、役所で人魚を探すホンラン。セファのところにタムリョンの友人があらわれセファに一緒に逃げるように言う。間一髪のところで逃げ切る。セファに私はタムリョンの友ですというと友とは?というセファに友は、どこまでも相手の事を信じてやり相手に大切な人がいれば一緒に守るものです。すぐにタムリョンをよんでくるのでここで待っていてくださいと洞窟をでる友人。だが洞窟をでたあとに刺客におわれ崖から落ちてしまう。役所に戻ったタムリョン、役所があれていたのであわてて外にセファを探しにでる。洞窟で待ちつづけるセファ、セファを探すタムリョン。現代と昔が行き来する、現代では南山でシムチョンを待つジュンジュ、昔の時代では、山でセファを探すタムリョン。

 

そして時は現代に、車にひかれたシムチョンは病院に運ばれる。南山にシムチョンがこないので車で帰る途中、シムチョンの携帯が道路に落ちているのを発見し自分の携帯にかけ確認する。南山付近で起きた事故はないか電話で確認する。事故が多すぎて確認できないと言われる。病院をまわってシムチョンを探す。やっとシムチョンを見つける。体が冷たすぎるので心配で病院で看護師におお声で本当に体温測ったのかとどなる。測ったら29度しかなく、急いで医師を読んで心肺蘇生が始まった。

シムチョンは、昔の時代のタムリョンとセファの夢を見ていた。心肺蘇生をするがもどらないシムチョンの手をジュンジュがにぎり祈るとシムチョンが目を覚ます。夢をみたのあなたが私の手を握って助けてくれたのという。

ジュンジュは、ナムドゥに電話して、シムチョンが病院に運ばれたから健康保険が適用する身分を作れという。すぐに手続きの作業をはじめた。ナムドゥとテオが病院に心配してやってきて入院の手続きをしているとシムチョンが生き返った話をしている医者の話を偶然にきく。

示談の話を警察としているチヒョンのところにジュンジュがあらわれる。車でひいたのはお前か?と聞く。彼女がとびだしてきたんだというチヒョン。そこで昔の出来事を思い出すジュンジュ。ジュンジュの両親と一緒に写ってる写真たてを落としたチヒョンに怒るジュンジュにジュンジュの父がでてきてそんなことで怒るなとただ落としただけだと言ってるだろという。父が去ったときにかすかに笑ったチヒョン。頭にきたジュンジュはチヒョンを殴り、再び部屋に戻った父が喧嘩をとめジュンジュを殴り怒る。それを思い出していた。運が悪かった?俺は信じないぞ。お前が自分で運転なんて人には言えないようなところに向かっていたんだろ。俺を尾行していたんだろ。お前の母親の仕業かと問い詰める。なぜ母さんがお前を尾行するだという。それは、俺が父さんの実の息子だからだと答える。そこにチヒョンのところにイルジョン(実父)から電話がかかってくる。

病室をうつるシムチョン、食事の時間を待ちわびていると絶食だからご飯がないと言われショックのあまりにジュンジュに電話する。電話を切ったあとジュンジュは食事についての抗議の電話を病院にする。次の日、特別食がでたと喜んで食べるシムチョン。

病院で、ナム部長と会う。急に引っ越したきり連絡がないなんてと言い家内の手作りのゆず茶を渡す。お前、好きだったろ風邪をひかないように飲めよと言う。昔のことをジュンジュはおもいだす。ママに会いたいと泣いている幼いジュンジュにナム部長がなぐさめる。お前を守るとなぜおじさんが?おじさんは友達だからだという。そして高校生になったジュンジュがチヒョンと写真たての件でイルジュン(実父)に怒られ殴られたあと、ナム部長が部屋に入ってきてケガをしてるジュンジュの手当てをする。この家をでますとだから父を守ってくださいと言う。そして、大人のジュンジュ、ナム部長がお父さんがお前のことを探してるというと僕のことは忘れてくださいという。でもお父さんの気持ちも考えてやれというが受けいれない感じで去っていく。そこをデヨンが見ていた。

シアとナムドゥは、シムチョンの正体について話していた。大けがしてもあっという間になおったし正体不明だ。もしかしてゾンビ?かまれたけど大丈夫かしら、正体不明なのになぜそばにおくのかしらと言うシアにきっとスペインの出来事を聞きたいんだろうというシンドゥ。

警備員に病院の前でデモを行う女性をさしてあのゴミを片付けろという病院の副院長、業務妨害で訴えろと言っただろと言うと警備員があの方は娘さんをなくしてというと警備員をたたいてクビになりたいかという。それをみていて頭にきたシムチョンは副院長を飛び蹴りする。この人を絶食させるつもり許せないわと言う。

副院長室で副院長が担当医にこいつは骨折してるんじゃないのかときく。どいうことですかとシムチョンにきく。おじさんがおじさんをけったからけった。わけのわからんことを言って刑務所でくさい飯をくわせてやるというと。シムチョンが担当医にくさいのはいやという。

部屋をでて先ほどのデモをしていた女性に会って経緯をきく。私のせいで面倒なことになってごめんね。あの子は家計を助けるために修学旅行にも行かなかった。簡単な手術と聞いていたのにこんなことになるなら行かせてあげればよかったと後悔ばかりでと泣く。私は、記憶を消すことができるのつらいのならその記憶を消してあげるわという。でも消さないでという死ぬまで絶対に忘れたくないという。どうして苦しんでるのにというと苦しくても愛せるからと忘れてしまったら愛せないでしょうという。あの子を愛し続けたいのと涙を流して言う。

副院長に飛び蹴りする映像をジュンジュとナムドゥとテオの三人でみる。凄い力だな骨折してるんだろう、でも副院長は告訴するらしいが助けないのか?何で?でもこいつよくみろよ蹴られた当然のことをしている。よし、こいつが次のターゲットだ。

理事長はハワイで休暇中だが息子が10年ぶりに帰国する。ジュンジュが息子のふりをして病院にやってくる。

その間に副院長の不正をテオが調べる。そして見事、不正の証拠をみつけ副院長に正体をばらす。マスコミに流してもいいんだぞというと何が目的だという副院長。お望みの金額はというと金じゃない、いいことをしろという。お前が最近蹴った女を許せとお安い御用でというのを録音する。ほかにも殴った警備員とデモの女性に医療ミスを認め謝罪しろという。

健康なので病院を退院してくださいと言われるシムチョン。ジュンジュが迎えに来て退院する。

次の初雪はいつ?ときくと来年かな?もう降らないのねと残念がるシムチョン。人は苦しくてもお思い出は消したくないものなのね愛しているからというとジュンジュの記憶が少しもどる。雪がみられるところがあるから行ってみるかとジュンジュが言う。

ナムドゥは、シムチョンの正体が知りたいのもあり病院の診察記録を入手する。

ナム部長とイルジョンとの車での会話を盗聴しているソヒ。イルジョンを送ったあとに車についている盗聴器に気づく。それがソヒの仕業だと気づく。ナム部長のドアをたたくデヨンに何か?という。

ジュンジュとシムチョンはスキー場にきていた。スキー靴をはかせるときに昔にもこんなことがあったような記憶をおもいだしシムチョンにきく。スキー場でスキーの滑り方を教えてる間に一人で凄い勢いで滑っていってしまうシムチョンを下までいそいでいって受け止めるジュンジュ。ぶつかる二人、ころげおちるが無事に受けとめることができる。そしてジュンジュが1つだけ言いたいことがある確かめたいことがあるんだ。あることを言ってほしいと“愛している”とみつめあう二人・・・。

「青い海の伝説」動画フルを無料視聴!【日本語字幕】

この物語は、人魚と人間のラブストーリーですが普通のラブストーリーとは違って、実は大昔の朝鮮時代に二人は出会っていて生まれ ...

青い海の伝説6話の感想!

物語見終えての感想ですが、あらたにナム部長登場、この方は昔の時代のタムリョンの友ですね。昔も今も同じように友だと言って守ると言っていますね。昔の時代と今の時代と並行して物語がすすんでいきます。

どうなるのかナム部長・・・。

デモをする女性の言葉が“つらい想いででも忘れたくない愛しているから忘れたら愛せないから”この言葉とても重みがあります。

想い出って本当、大切です。心の記憶というところにずうっと残るのだから・・・忘れたくないものですね。

-青い海の伝説
-, , , , , , , , ,

Copyright© 韓流.tv , 2018 All Rights Reserved.